理想の植物育成用光源とは

 
太陽光
 

(1) 波長が太陽光スペクトルに近似している事
太陽光の下で育つ植物には、太陽光スペクトルに近似している光源を使用するのが生育促進に繋がり最適といえます。

(2) 使用による光量の減衰(経時劣化)が少ない事
光源の経時劣化による光量の減衰は、栽培する野菜の収量の減少に繋がります。したがって初期値を100とし90以上の光量が20,000時間以上はキープされる事が理想といえます。

 
 
直管タイプ
おススメの製品
直管タイプ(口金G13)
FHF32形/FLR40形蛍光灯代替

製品を見る>>
 
 
 
お見積りやお困りごとなど、お気軽にご相談ください
 
 
お問合せ・ご相談 
 
 03-5816-2061
受付時間 9:00~17:00(平日) 
 
 
 
 

日栄インテック株式会社

〒 110-0016

東京都台東区台東3-42-5 日栄インテック御徒町第1ビル 9F

TEL:03-5816-2061

FAX:03-5816-2060

日栄インテック株式会社
 
クリーンファーム